宗教と立地条件が大切な霊園選び

霊園の中には仏教ならどの宗派でも構わないという墓地も最近では多くあります。
しかし仏教以外の宗教や仏教系でも新宗教では購入することが出来ないといったケースもあるので、よく確認をしておいてください。

 

やはりお墓参りに行きやすい霊園が一番と考えている人が多いのではないでしょうか?
自宅のすぐ近くに霊園を求めることが出来なかったとしましても、交通の便が良ければ案外時間をかけることなくお墓参りをすることが出来る場合もあります。霊園選びにおきまして大切となる宗旨や宗派の条件というのは霊園や墓地によりいろいろと指定されています。
このことから自分の宗旨や宗派、そして今後どうしていきたいのかなどを予め考えておく必要があるのです。 もしも早い段階で霊園の権利を持っておきたいと考えているのでしたら、とにかく霊園の担当者としっかりと話すことです。
霊園には様々な規約が決められていますので、規約を理解して納得した上で契約をするようにしてください。

データベース サーバーならおまかせ
http://cloudpack.jp/service/plan/database.html



宗教と立地条件が大切な霊園選びブログ:22-08-03

雨というと、
ジメジメして洗濯物が乾かなかったり、
電車やバスが混んで、しかも濡れてしまうなどといったように、
あまりいいイメージがないようですね。

それに、お日様が出ない日は薄暗く、
昼間から電気をつけなければならないし、
厚みのある雲は重く、なんだかどんよりした気持ちになるものです。

でもお子さんの頃は、
わざと水溜りを長靴ではいってぴしゃぴしゃしたり、
カタツムリがたくさんいるのを見つけてはしゃいだり…
雨の日ならではの、楽しいことを発見していたような気がします。

それに、
雨の景色は、普段の景気とは違うものに変えてくれて、
それは何か特別なものを感じませんでしたか?

おいらは、
心の中で言葉で尽くしがたい、さまざまな感覚がうごめくことがあります。
それらは、決して悪いものではなく、
どこか落ち着くような、優しい子守唄の調べにも似た
優しいものだったように思うのです。

たまには雨の日を、楽しんでみませんか?

日本では古来から、
五月雨、梅雨、小雨、霧雨など、
さまざまな雨にあわせた呼び名が数多くあり、
先人たちは多くの雨を感じ分けていました。
こうした風情を愛でる心に、日本の奥ゆかしさを感じませんか?

雨の音を聞きながら、
お気に入りの音楽をかけて
ぼんやりとこの「空気」を感じるのがおいらは好きです。

雨の日は浮ついた心を鎮めて
穏やかにしてくれる作用があるように思います。
上から下に流れていく、そんなエネルギーだからでしょうか。

雨の粒がきらめくさまや、
道行く人の傘の彩りを見ていると、なんだか優しい気持ちになってきます。
おいらにとって、心をうるおす豊かな時間でもあります。

どんとはれ